スポンサーリンク

ベジタリアンとの違いは何?厳格な菜食主義(ヴィーガン)とは

ビーガンについて

昨今は、ライフスタイルも多様化しており、食の考え方も様々になりました。

広い括りでの菜食主義にも、細かな違いがあることを知らない方も多いです。

ここでは、菜食主義の中でも特に厳格な、純菜食主義(ヴィーガン/ビーガン/vegan)について説明していきましょう。

ビーガンの定義を引用してご紹介させていただきます。

ヴィーガニズム(英: veganism)は、動物製品の使用を行わない生活様式である。エシカル・ヴィーガニズムが動物の商品化を否定し、あらゆる目的での動物製品の使用を拒否するのに対し、ダイエタリー・ヴィーガニズム (純菜食主義) は食事から動物製品を排除するだけにとどまる。また、エンバイロメンタル・ヴィーガニズムと呼ばれる別の一派は、畜産業が環境を害しており、持続可能でない[要出典]ということを理由として動物製品の使用を拒否している

引用元 Wikiペディア

スポンサーリンク

Vegan(ヴィーガン、ビーガン)について

ビーガンとは、完全なる純菜食主義者、またはその思想のこと
ヴィーガニズム。

人それぞれにある様々な理由により、全ての肉・魚・卵・乳製品や蜂蜜などの動物性食品を避け、穀物・豆類・種実類・野菜・果実などの植物性食物を中心に摂る生き方のことです。

その徹底ぶりは多岐にわたり、食べるものだけでなく動物性由来の製品である革製品やウール製品、動物実験された製品も全て排除します。

ダイエタリーヴィーガン、ピュアヴィーガンと言ったりもします。

避けては通れない宗教上の理由も

このサイトではあまり触れませんが、避けては通れない宗教上の理由もあります。
仏教、道教、キリスト教、古くからインドにあるジャイナ教、ヒンドゥー教の一部では、さまざまな理由から菜食を勧めています。

ビーガンについて

地球環境への配慮

また、近年は地球環境への配慮という理由でヴィーガンになる人が増えてきています。
食卓に上る肉を作るためには、家畜にエサとして非常に多くの穀物飼料を与える必要があります。

肉を食べるということは、地球環境に多くの負担を強いることとなり、森林破壊にも繋がります。世界では毎年、日本の国土面積の半分ほどの森林がなくなり、さらにその半分は砂漠化しており、草も生えない荒地になっています。

一部では植林されつつありますが、植林や樹木の成長を上回る何倍もの速度で森林が破壊されています。イギリス政府の調査によると、世界最大の森であるアマゾンもあと 50年ほどで砂漠化してしまうと予測されています。

国連は、熱帯森林の破壊はすでに取り返しのつかない状態になっていると警告を出しています。家畜の排出するメタンガスにより地球温暖化が進行するのではないかと危惧されています。

ビーガンについて

ミート・フリー・マンデー

次に、世界の動向を見てみましょう。
イギリスでは人口の9%、およそ600万人がベジタリアンで、レストランでも専用のメニューが充実しています。2009年、元ビートルズのポールマッカートニーらが、週に1度は肉を食べない日を設けようというキャンペーン「ミート・フリー・マンデー」を発信されました。

アメリカでは2.5%、700万人がベジタリアンでティーンエージャーの1/4が菜食を実践していると言われています。

菜食の先進国であるインドでは、宗教的な理由はもとより、ただ肉が高価であることも理由の1つと挙げられており、12億超の人口のうちおよそ30%にあたる3~4億人がベジタリアンと言われています。またアジアでは、台湾での菜食文化が進んでおり、国を挙げて士気が高まってきています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする