スポンサーリンク

【ベジレシピ】むかごのにんにく胡麻味噌がらめ

大手スーパーで時々見かけるようになった食材「零余子(ムカゴ)」をご存じでしょうか?

ムカゴ(零余子,珠芽)とは植物の栄養繁殖器官のひとつ。 主として地上部に生じるものをいい、葉腋や花序に形成され、離脱後に新たな植物体となる。
葉が肉質となることにより形成される鱗芽と、茎が肥大化して形成された肉芽とに分けられ、前者はオニユリなど、後者はヤマノイモ科などに見られる。

引用元 Wikiペディア「むかご」

むかごは秋~冬にかけてが旬の、山芋の葉の付け根部分にできる球芽、山芋のあかちゃん

栄養と効能もかなり期待でき、ビタミン・ミネラルなどの豊富に含まれており、栄養バランスが良い食材です!

代表的な栄養素

  • ビタミンB1(疲労回復)
  • ビタミンB2(皮膚・粘膜の機能維持)
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • パントテン酸(ストレス穏和)
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • リン
  • マグネシウム
  • カリウム(疲労回復・高血圧予防)
  • ジアスターゼ
  • ムチン
  • アルニギン など

下ごしらえは簡単、洗って茹でるだけ

ご飯と一緒に炊くと、美味しい「むかごごはん」ができるんですよ。

むかごごはんもオススメですが、今回はハッピーベジいち押しのレシピをご紹介したいと思います!(>▽<)ノ

道の駅や、地元の農家さん直売の販売所などでは頻繁に見かける食材ですが、ハッピーベジの場合は、スーパーの投書箱に「むかごを仕入れてください」と投書し、青森産のむかごを毎年仕入れてもらっています。(裏ワザ)

調理も簡単ですので、短時間で作れます。
ご飯が進む一品ぜひお楽しみくださいね。
むかごのごまみそ

スポンサーリンク

むかごのにんにく胡麻味噌がらめレシピ

【【材料】

  • むかご  200g
  • みそ  大さじ1~
  • てんさい糖  大さじ1~
  • みりん  大さじ2~
  • すり胡麻  大さじ1
  • ゴマ  大さじ1
  • にんにく  1片
  • きざみネギ(お好みで) 少々

【手順】
(1)むかごを洗って汚れを落とします

(2)沸騰したお湯で湯がいて(5分~10分くらい)柔らかくなったらザルに上げておきます

(3)ニンニクをみじん切りにします

(4)フライパンに、みそ・てんさい糖・味醂・すりゴマ・ごま・にんにくを入れ、弱火でにんにくに火を通し、むかごを入れ、和えます(油は使いません)

(5)お皿に盛りつけて、お好みで刻みネギを飾って出来上がり

甘めの味が好きな場合は、砂糖やみりんを足してください。
名古屋の味噌カツに似た感じの味付けです。

多くの方々にベジの楽しさをお伝えしたいので、皆さまどうぞ、どんどんシェアお願いいたします(>▽<)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする